FC2ブログ

二世の契り 想い出の先へ / 【勘助】クリア感想

もうすぐお盆ですね!
皆さんは何処か旅行に行かれるのでしょうか?
私は9月に九州に旅行に行くので、今年のお盆は、
家で8/18に発売される『AMNESIA』と『文明開華 葵座異聞録』を
やろうと思ってます(^^)♪

先ずは、拍手コメントのお礼から。

ゆい様へ

拍手コメントありがとうございます!
(*人´∀`)゜・+。・゜

刀儀さんは、乙女ゲームの攻略キャラとしては
アウトだと私は思います(笑)
お話的にはいいんですけどね…(^^;)
ただ2人のスチルが介護にしか見えなくって…(;´∀`)

二世の契りは今までのFDとは異なって、
1~3章で本編での説明不足な部分を補いつつ、
エピローグ後の話を4~6章でしっかり描かれてて、
緋○のFDのようにちょろっとエピ後の話を
描いてる訳ではないので、すっごく充実したFDでした!

本編は甘さ控えめだったり、
あるべき個所にスチルがなかったり、
色々不満点はあったりもしましたが、
このFDと合わさって1つの作品だと
思えるゲームです^^

お財布と時間に余裕がある時にでも、
是非セットでプレイしてみてください♪

それでは、拍手コメント有難うございました!


/* ここまで拍手コメント返事
----------------------------------------------*/

その他、『二世の契り 想い出の先へ / 【刀儀】クリア感想』に、
拍手くださった方、有難うございました!

超マイペースなブログですが、
良ければまた遊びに来て下さいね♪

二世の契り 想い出の先へ(限定版 ドラマCD/ポストカードセット同梱)二世の契り 想い出の先へ(限定版 ドラマCD/ポストカードセット同梱)
(2011/07/21)
Sony PSP

商品詳細を見る


さて、最後のキャラ・勘助を攻略しました。

本編では、何故勘助が何百年も生きれるのかが
不明なまま終わったので、そこが解消されるかが
気になるキャラでした。


 
/* ここからネタバレ
-----------------------------------------------------------*/

戦国の世から更に300年ほど前に出会った
奏という少女が忘れられない勘助。

その奏にそっくりな真奈を一目見て、
奏の生まれ変わりだと信じ、
真奈の事を「奏」と呼びます。

勘助と出会った後から、
すごくリアルな夢を見始めます。

その夢の中の真奈は、名前もなく、
村の人からの暴力に耐える日々を
過ごしているのですが、ある日
森で一人の男性と出逢います。

その男性こそが勘助でした。

今まで名前も与えられず、
人として扱われてこなかった少女に、
【奏】と名前を与えてもらい、
いつか助けてやるという勘助に惹かれていく奏。

そんなある時、村の大切な宝を盗もうとした勘助が
村人たちに捕えられたと聞いた奏は、
勘助が処刑される前夜、牢屋に行き、
勘助を逃がします。

「一緒に逃げよう」と勘助は言ってくれますが、
村人の暴行で大怪我を負っている勘助は
村人から逃げられないかもしれない。

初めて自分を【人間】として扱ってくれた勘助を
どうしても助けたいと考えた奏は、
「二手に分かれて逃げた方が逃げ切れる確率はあがる。
後で落ち合おう」と嘘の約束をを持ちかけます。

奏の嘘を信じた勘助が村を出た後、
偽の足跡など痕跡を作っていたところを
村人に見付かり奏は殺されてしまいます。

約束を信じて、落ち合う約束をしていた場所で待つ勘助。
しかし、いくら待っても奏は来ないので、
勘助は奏を迎えに行くことにします。

奏の村に近づいた森の中で、首のない、
すっかり姿が変わった奏を発見する勘助。

勘助は、奏の嘘を見抜けなかった自分を後悔し、
奏を殺した村人を皆殺しし、村を焼き払います。

「人間は死んだら終わり」と、
生まれ変わりなど信じない勘助は、
奏のいなくなった世界で
一人孤独に生きてきたのでした。

夢を見て、勘助の自分への執着は理解はしたが、
使命を果たすために上杉軍に残るという真奈に、
それでは、戦が終わった後迎えに行くと言い、
勘助は立ち去ります。

謙信の危機も去り、越後に戻ったが
いくら待っても勘助は姿を見せず、
遂に真奈は現代に戻ることになります。

皆に別れを告げ、一人泉に来た真奈の前に、
勘助は現れます。

しかし、最後まで自分を【奏】としか呼ばない勘助に、
別れを告げ、真奈は現代に戻ります。

そして、現代に戻り、謙信の泉に訪れた真奈は、
450年の時を一人で過ごし、
【真奈】を持っていた勘助と出逢います。

現代では勘助は大学教授の仕事をしており、
その後、2人は結婚し、幸せな新婚生活を過ごします。

こっから先の話は、真奈に甘々の勘助と、
女性に人気の勘助に不安になり、
ヤキモチを妬く真奈の話が続きます(^^;)

勘助の研究室の助手さんが
綺麗な女性だと知った真奈は、
ある日珍しく残業で帰宅が遅くなるという
勘助の連絡に不安になり、
勘助の職場まで迎えに行きます。

しかし、外で何時間も待ったことにより、
風邪をひいてしまう真奈。

そんな真奈を甲斐甲斐しく看病してくれる勘助。
掃除も料理も完璧な勘助に、自信を無くす真奈ですが、
「家政婦が欲しくて真奈といる訳ではないし、
そもそも千年近く生きてたら大概の事は出来る」と
真奈を慰め、不安を拭ってくれますが、翌日、
勘助は真奈の風邪をしっかり貰ってしまいますw

勘助の風邪も治った頃、
2人は川中島に旅行に出かけます。

450年経った斎場山はすっかり変わっており、
自分にとっては数年前の話でも、
実際は450年過ぎており、あの時出逢ったみんなは
とっくの昔に亡くなったんだと認識させられ、
寂しさを覚える真奈。

その後、春日山城近くの旅館に泊まる2人。
夜中に、勘助が魘されているのに気付いた真奈は、
勘助を抱きしめ、安心させてやります。

翌朝、春日山城を訪れた2人。
前日の斎場山と同じくやはり様変わりしている
春日山城に真奈がしんみりしていると、
勘助が昔話を始めます。

---------------------------------

真奈が現代に帰って3年後、
勘助は毘沙門堂に籠っていた謙信を訪ねます。

そこで真奈の話になる。
泉の精霊が謙信の危機を予見して
真奈をこの時代に呼び寄せ、
あの戦で亡くなるはずだった謙信の運命を
真奈が変えた、と。

真奈のいた世界では、謙信はあの戦で死ななかったと
なっていたらしいが、泉の精が見た「未来」では
自分は死ぬ運命だったのだろうと謙信は言う。

そんな謙信の言葉に、勘助は
「謙信の生死一つで未来が変わるのか?」と問い掛ける。

その問いに、謙信は、
「たかが俺一人の命でか?
 まさかに、そのような……
 されど、俺が死んでおれば、
 御使い殿の知る「未来」が、
 ほんの少しだけ変わってしまって
 おったことは間違いないやもしれぬな」

謙信が死ななかった為に、
真奈のいた「未来」は変わらずにすんだ
――そう考えた勘助は、
謙信に「天寿を全うしろ」と言う。

真奈の世界が変わらないようにと、そう言う勘助に謙信は
「御使い殿と、いずれは会うつもりなのだろう」と問い、
「必ずまた会おう――と伝えてくれ」と言う。

謙信の言葉に驚く勘助。
そんな勘助に謙信は
「御仏の教えでは、人は幾度でも生まれ変わり、
 再開できるのさ。限りある命の人間には、だがな」

謙信との会話を終えた勘助が毘沙門堂を出て、
春日山を歩いている所に暁月が現れます。



暁「道鬼斎、あいつに会うまで生きてるつもりなのか?」

勘「その名は捨てた。
  …ところであいつとは誰のことだ?」

暁「――てめぇ!」

勘「……」

勘「お前も、何か伝えてほしいことでもあるのか?」

暁「お前には気を許すな、って言っとけ」

勘「伝えよう」

暁「………っ!」

勘「それだけでいいのか?」

暁「…達者で暮らせ、って」

勘「ほう?」

暁「戦のない時代で、俺達の分まで幸せになれって
  そう、言っとけ」

勘「――断る、と言ったら?」

暁「……っ!?」

勘「オレはそれほど人が良くないのでな」

暁「知ってるさ」

勘「まぁ、あいつがお前達のことを
  覚えていたら、伝えてやってもいい
  忘れて暮らせた方が良いのかもしれんがな」

暁「…いいさ、それでも」

勘「――む?」

暁「あいつが幸せになるんだったら、
  俺達は忘れられても構わない
  そんなもんだ、軒猿なんてな」

勘「…気に入らんな」



話を聞き終えた真奈は、
皆が自分の事を忘れずにいてくれた事を知り、
いつの間にか泣いていた。

そんな真奈を見て、勘助は
「……やはり気に入らんな」と言う。

何故かと問うと、
真奈を泣かせて良いのは自分だけだと言い、
真奈に顔を寄せ続きを囁きます。

「……ただし、閨の中に限るがな」

------------------------------------

ガッハーーーーー!!!
エロい、エロい、エロい!!!
櫻井さんの声で囁かれたら、声フェチでもなく、
声優さんにはこだわらない私でも悶えるわ!
'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ


その後、残される方が辛いのだと気付き、
遠い未来、この世界に、この孤独な人を残して
自分は死ぬのだと涙を流す真奈。

そんな真奈に黙っていたことがあると言う勘助。

真奈が現代に帰るとき、自分と一緒にいろと言ったが、
実はあの時、真奈が「残る」と言ったら、
真奈を永遠に自分のものにするために殺していただろうと。

真奈が帰ってからの450年も、
未来に真奈がいると思えばどうとでもなかったと。

しかし、最近の勘助は自分の変化を感じていると言う。

先日、真奈から風邪をもらい寝込んだことや、
食事も少しずつ食べる量が増えていること。

「生きる」と言うことは、愛する人と共にいること。
自分は真奈と過ごし、生きはじめてるのだろう。

そして今の勘助の願いは、真奈と共に老いることだ、と。


/* ここまでネタバレ
-----------------------------------------------------------*/


【感想】
暁月の台詞で泣きました
乱世の時代で軒猿として生きる暁月たちは、
明日も分からない。
そんな時代に生きる暁月の台詞だからこそ、
重みがありますよね(T_T)

ですが、正直、この√の真奈は苦手でした。

残業する勘助の職場に、いくら自分が
不安だからって押しかけたり
)とか、
ちょっと思慮に欠ける行動が多いので。

また、そういうキャラだとは言え、
勘助は終始甘い台詞を垂れ流すので、
終始そう言う台詞をはくのは、ちょっと…と
私は思ってしまうので、
「またこんなイチャコラ見せられるのか…」と
胸妬けがしてしまいました(^_^;)

甘い台詞を言うのでも、
終夜みたいに無意識で言うのとか、
冗談みたいに軽くは言えても、
好きになったら言えない弥太郎とか、
そういうのが好きな私には、
ただただ甘い台詞を言うだけの勘助は
正直ちょっと好みではなかったかな?(^^;)
もっと余裕がなくなったところを見たかったかな。

ところで、スチルで1つ疑問なのですが、
現代に帰ろうとしてる時の真奈が(着物)なんですよね。
普通、これから現代に帰るのに、(着物)はないだろう。

まっ、お話には差し障りのない些細なことですがね^^;
関連記事
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ 乙女ゲー・攻略ブログ
↑ランキングに参加しています。良ければポチッとしてくださいm(__)m

Trackback

Trackback URL
http://dailylifeofaoi.blog41.fc2.com/tb.php/64-dc121cdb

Comment

Comment Form
公開設定

Profile

葵 日向

Author:葵 日向
乙女ゲームが三度の飯よりも好きな管理人です。※腐ってます。

同じく乙女ゲームが好きな方、お気軽にコメントしてくださいね(*^ω^*)♪

※今までプレイしてきた乙女ゲーム一覧

ランキングに参加しております。1日1ポチッ押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ 乙女ゲー・攻略ブログ


※商業BL感想サイト作りました。
 こちらもよければ遊びにきてください^^
(裏)Daily life @葵 日向

Category
Comment
Favorite game
Official Site
Banner1
三国恋戦記
剣が君
下天の華 夢灯り
OZMAFIA!
ブラコン

Search form
Calendar
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Archive
New Posts
Friends
Banner2
プリンス・オブ・ストライド
ヴァルプルガの詩
レンドフルール
New articles
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS
QR
QR
Application form

この人とブロともになる

FC2カウンター
アクセス解析