FC2ブログ

籠の中のアリシス / カイト攻略感想

こんばんは、葵です☆

昨日は結局公開できませんでしたので、
早速ですが「籠の中のアリシス」の1人目の感想に参りたいと思います(・∀・)ノ

1人目は刹那的に生きているチャラいカイトですー
あまり軟派なキャラは好きじゃないんですが、
見た目が好みでして…(* ´艸`)

あとプレイしていて気付いたんですが、
一生懸命物事に打ち込むのを嫌がってるだけで、
女性にだらしない訳ではなかったです(^^)

年相応って感じの興味の持ち具合だったので、
女性にだらしないキャラが地雷の私的にそこは良かったです(´∀`)

ネタバレしているので折り畳んでいますー
大丈夫な人のみ折り畳みよりどぅぞ☆

「籠の中のアリシス」応援中!
 
 
主人公の瑠奈ちゃんには幼い頃から見る夢の風景があり、
そこには大きな1本の樹が枝をいっぱいに伸ばし育っています。

ある日学校に行く途中に何処からともなく声が聴こえ、
気付けばいつも見る夢の風景の場に寝ており、
そんな自分を金髪碧眼の双子が覗き込んでいます。

そしてそこで聞かされるのは自分は夢で見ていた樹は「ゲミュートの樹」と呼ばれ、
その「ゲミュートの樹」はこの世界を支えている源であり、
「ゲミュートの樹」が枯れるとこの世界もなくなってしまうのだと言います。

その「ゲミュートの樹」に祈りを捧げ、栄養を与えることができる唯一の存在が
「アリシス」という聖女で、瑠奈ちゃんはその「アリシス」の魂を引き継いでいるのだと。

そしてこの異世界を支えている「ゲミュートの樹」に異変が起き、
枯れかかっており、アリシス候補の瑠奈ちゃんにこの世界の未来は
託されていると説明されます。

しかし、今まで普通の女子高生として過ごしてきた普通の女の子の瑠奈ちゃんは
自分が「アリシス」だという自覚はなく、人違いだから元の世界に帰して欲しいと
双子に頼みます。

しかし、「アリシス」なら「ゲミュート」のために祈りを捧げることを
受け入れるはずなのに、頑なに「元の世界に帰して欲しい」という瑠奈ちゃんを
不思議に思う双子。

実は瑠奈ちゃんには生まれた時から手に持っていた石があり、
その石が「アリシス」の証だそうですが、石が欠けているため
「アリシス」としての自覚が足りないのだという話になり、
「アリシス」を守る「ロアクリスト」達と共に過ごし、
「アリシス」としての自覚を持つようにと言われてしまいます。

最初は頑なだった瑠奈ちゃんですが「ロアクリスト」たちに
双子には逆らわない方がいいと助言され、一先ずアリシス教育を受けることに。

最初は誰かに絞ることなくロアクリスト達と過ごしていたんですが、
それでは遅いという話になり、誰かに絞って一緒に過ごすようにと
双子に言われてしまい、瑠奈ちゃんと年が近そうなカイトと
共に過ごすようにします。

一緒に過ごすうちにめんどくさがりでいい加減なカイトが、
実は優しくて、やたら頭の回転が早くて、同じ世界から
こっちの異世界に来た人だと知ります。

カイトと共に過ごすうちにアリシス教育は終了し、
アリシスとして相応しいかどうかゲミュートの樹でテストを行い、
そのテストはクリアするのですが、この世界に留まりゲミュートのために
祈りを捧げ続けるという覚悟が出来ていない瑠奈ちゃん。

瑠奈ちゃんの心が決まるまでは少し時間を置こうという話になるのですが、
数日経っても瑠奈ちゃんの決心はつかず、痺れを切らした双子は
ロアクリストたちを呼び出し、瑠奈ちゃんの決心がつかないのは
カイトの教育が足りなかったからだと言い、このまま瑠奈ちゃんの
決心がつかないからカイトはロアクリストから降ろすと言われます。

双子から瑠奈ちゃんを説得するよう強要され、
ロアクリストから降ろされたくないと考えるカイトは
瑠奈ちゃんに早く決心するように言い放ちます。

実はカイトは瑠奈ちゃんと同じ世界の人間で、尚且つ同じ中学の先輩で、
学校創立以来初めて難関学校に進学したと噂される人なんですが、
大学受験で失敗し、エリート思考の家族から見放された過去を持っており、
この異世界でもまた1回の失敗で見放されるのかと焦っていたのです。

カイトからなぜアリシスとしての覚悟が出来ていないのかとせっつかれるんですが、
覚悟が決めれない理由の1つとして、アリシスになったら祈りを捧げるために
白い籠に入り、双子としか会えなくなるから、カイトとこれまでのように
話したり、出掛けたりすることが出来なくなるからだと気付きます。

カイトはどう思っているのかを聞きにカイトの部屋まで行くのですが、
カイトには特別な想いはないと知らされます。

部屋で一人泣く瑠奈ちゃんですが、ひとしきり泣いた後、
カイトが大事に思うこの世界を守るには自分がアリシスとなることだと覚悟を決めます。

アリシスとして籠に入ることになり皆とお別れを言うのですが、
カイトは寝坊しこの場に来ておらず、籠に入る前に会いたいと
カイトを迎えに行く瑠奈ちゃん。

廊下で籠に向かうカイトと出会い、カイトのお蔭で覚悟が決めれたと
瑠奈ちゃんはお礼を言い、最後の思い出にとカイトにキスをします。

アリシスとして籠に入りゲミュートに祈りを捧げる瑠奈ちゃんですが、
双子としか会話が出来ず寂しい思いを感じつつも、カイトが大事に思う
この世界を守るためと祈りを捧げる瑠奈ちゃん。

しかし、カイトは瑠奈ちゃんがアリシスとなった今も瑠奈ちゃんのことを考え
落ち着かなくなる自分が、過去の弱い自分に戻ってしまいそうだと考え、
双子に瑠奈ちゃんの記憶を消すように頼みます。

最初は嫌がる双子ですが、どうしてもと頼むカイトに折れ、
カイトの記憶から瑠奈ちゃんを消し、現在の「アリシス」という
記憶に差し替えます。

瑠奈ちゃんがアリシスとなり様子がおかしかったカイトが
いきなり以前のような快活としたカイトになったことに
親友のエフィーは怪しみ、双子に問いかけますが、時すでに遅し。
カイトの記憶から瑠奈ちゃんは消え戻すことは出来ないと双子は言います。

そうこうしている時に、ゲミュートに祈りを捧げるアリシスという制度を無くそうと
考えているマクシミリアンが再び瑠奈ちゃんのもとに訪れ、
瑠奈ちゃんをアリシスから解放しようとします。

マクシミリアンが再び瑠奈ちゃんに近づいていると知った
ロアクリストたちは手分けして収拾しようとしていたところ、
記憶を無くしたはずのカイトが「自分がアリシスを助けなければ」と
瑠奈ちゃんのいる籠に駆けつけます。

そこで初めて瑠奈ちゃんはカイトが自分の事を覚えていないことを知るのですが、
マクシミリアンと対峙するうちにカイトは瑠奈ちゃんの記憶を取り戻し、
マクシミリアンも瑠奈ちゃんを連れ去る事を諦め去ります。

瑠奈ちゃんは再び籠の中の生活となり、カイトは改めて双子に瑠奈ちゃんの記憶を
消してもらおうとするのですが、エフィーに「その気持ちは恋だ」と
教えてもらい、カイトはやっと瑠奈ちゃんへの想いを自覚します。

しかし、自覚しても既に瑠奈ちゃんはアリシスとして籠に入っているので
二度と会えないと自分の自覚の遅さを嘆くカイト。

すると、カイトの掌に、瑠奈ちゃんがアリシスとなる前夜、部屋に訪ねて来た際に
1粒零した涙の結晶が、瑠奈ちゃんの囚われている籠の鍵に変わります。

これまで決められた道を進んできたカイトですが、
初めて決められていない道を進むことに決めたカイトは
瑠奈ちゃんのいる籠に向かいます。

籠の中の瑠奈ちゃんと想いを確認しているところに双子がやってきます。
アリシスとなった瑠奈ちゃんは籠から出ると死んでしまうのですが、
一緒に過ごせないなら二人で死ぬとカイトは宣言します。


**異世界END**

一緒に死ぬのではなく、二人で生きていく道を探すという瑠奈ちゃん。
そんな瑠奈ちゃんの言葉に他のロアクリストとマクシミリアンも駆けつけ、
マクシミリアンの力と、カイトの持つ鍵でゲミュートは祈りを捧げなくても
枯れないようになり、また瑠奈ちゃんも籠から出れるようになります。

エピローグではゲミュートの樹の下でデートをしている瑠奈ちゃんとカイトで、
カイトからプロポーズをされます。


**現代END**

一緒に死ぬのではなく、二人で生きていきたいという瑠奈ちゃん。
そこにロアクリストとマクシミリアンも駆けつけ、
マクシミリアンの力と、カイトの鍵でゲミュートは祈りを捧げなくても
枯れないようになるのを見届けた2人は現代に戻る事にします。

エピローグでは家を出てバイトをしながら大学受験を目指すカイトと、
それを応援する瑠奈ちゃん。

バイトに勉強にで忙しくするカイトと中々デートができないのですが、
カイトから合鍵を渡され、いつでも家に来てほしいと言われます。


**BAD END**

一緒に生きていけないならと死を選ぶ2人。
エピローグはエフィー視点となり、友達だったカイトと瑠奈を
一度になくしたエフィーは、双子や他のロアクリストたちのように
次のアリシスにと直ぐに気持ちを切りかえれず、一人悲しみを抱えています。



**感想**

想いが叶わず、でも大好きなカイトの世界を守るために
アリシスになる覚悟を決めた瑠奈ちゃんに感情移入して
気付いたら私も泣いていました。゚(゚´Д`゚)゚。

本当にBAD ENDだと思ったんです。。。

しかし、その後の展開がいただけませんねー(>_<)
瑠奈ちゃんはカイトの世界を守るためにと籠に囚われる覚悟を決めたのに、
その瑠奈ちゃんの記憶を消したカイトの決断にムカッときました( ゚言゚)<ナニヤッテンダヨ

そして、最後の展開も早すぎてw
なぜマクシミリアンはロアクリストと一緒に来たのか
今まで敵だったのに。

そして、マクシミリアンと鍵があればゲミュートは祈りが必要ではなくなるとか、
すっごいお都合主義ですね(^^;)

ですが、プレイしてる間はこの件はそんな気になりませんでした(^^)
あと、BAD ENDがすごく良かったです!
号泣してしまいましたー(´;ω;`)

AmazonでもBADが良いと書かれている人もいらっしゃったんですけど、
本当にその通りだと思いましたよ(^^)

まだ他のキャラをプレイしていないので分からないですけど(^^;)
私、1人残されてのBADは嫌いですけど、女の子が先に死ぬ、
もしくは一緒に死ぬBADは嫌いじゃないので(´∀`)

お次は優しいボイスの浪川さんキャラのウィリアムに
行ってみようと思います!(・∀・)ノ



それでは最後になりましたが、拍手御礼に参りたいと思います!

コルダ3を一旦休憩します ×5
所信表明 ×1
仕事と今後の更新について。 ×1

沢山拍手いただき本当に有難うございます!(*人´∀`)゜・+。・゜
皆さまからの拍手やコメントがブログ更新の励みとなっています!

良かったらまた遊びに来てください♪+.(*´∀`*)゚+.
関連記事
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ 乙女ゲー・攻略ブログ
↑ランキングに参加しています。良ければポチッとしてくださいm(__)m

Trackback

Trackback URL
http://dailylifeofaoi.blog41.fc2.com/tb.php/477-2aad4738

Comment

Comment Form
公開設定

Profile

葵 日向

Author:葵 日向
乙女ゲームが三度の飯よりも好きな管理人です。※腐ってます。

同じく乙女ゲームが好きな方、お気軽にコメントしてくださいね(*^ω^*)♪

※今までプレイしてきた乙女ゲーム一覧

ランキングに参加しております。1日1ポチッ押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ 乙女ゲー・攻略ブログ


※商業BL感想サイト作りました。
 こちらもよければ遊びにきてください^^
(裏)Daily life @葵 日向

Category
Comment
Favorite game
Official Site
Banner1
三国恋戦記
剣が君
下天の華 夢灯り
OZMAFIA!
ブラコン

Search form
Calendar
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Archive
New Posts
Friends
Banner2
プリンス・オブ・ストライド
ヴァルプルガの詩
レンドフルール
New articles
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS
QR
QR
Application form

この人とブロともになる

FC2カウンター
アクセス解析